ダイジョ(Dioscorea alata L.)およびナガイモ(D. opposite THUNB.)におけるムカゴの成長に及ぼす日長の影響

ダイジョ(Dioscorea alata L.)およびナガイモ(D. opposite THUNB.)におけるムカゴの成長に及ぼす日長の影響

レコードナンバー792934論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034893NACSIS書誌IDAA12327127
著者名陳 淑婉
志和地 弘信
真田 篤史
豊原 秀和
書誌名熱帯農業研究
別誌名Research for tropical agriculture
発行元日本熱帯農業学会
巻号,ページ3巻・ 1号, p.6-12(2010-06)ISSN18828434
全文表示PDFファイル (1072KB) 
抄録ダイジョとナガイモのそれぞれ1品種を供試して、ムカゴの成長に及ぼす日長の影響を検討した。ダイジョとナガイモにおけるムカゴの形成は日長の影響を受けなかった。しかし、ダイジョとナガイモではムカゴの形成の開始時期が異なり、ダイジョのムカゴ形成はナガイモよりもかなり遅いことが明らかになった。そして、それぞれの種において、ムカゴの肥大成長は塊茎の肥大成長がある程度進んでから開始された。ムカゴの肥大成長はダイジョでは長日条件下で抑制されたが、ナガイモでは影響を受けなかった。すなわち、ムカゴの肥大成長に対する感光性程度はイモの感光性程度と同様、ナガイモでは小さく、ダイジョでは大きかった。沖縄県宮古島で栽培されたダイジョから種イモに利用可能な大きなムカゴが得られた。大きなムカゴを得るには、早期に植え付けて、延びた蔓を地面に接地させることが肝要である。
索引語ダイジョ;ムカゴ;ナガイモ;日長;影響;肥大成長;成長;Dioscorea alata;形成;感光性程度
引用文献数16
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat