定温施設を利用したマンゴー(アーウィン)の鮮度保持

定温施設を利用したマンゴー(アーウィン)の鮮度保持

レコードナンバー793000論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035510NACSIS書誌IDAA12354979
著者名照屋 亮
広瀬 直人
吉武 均
書誌名沖縄県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
別誌名Bull. Okinawa Agric. Res. Cent.
沖縄県農研セ研報
発行元沖縄県農業研究センター
巻号,ページ1号, p.23-27(2008-03)ISSN18829481
外部リンク
全文表示PDFファイル (816KB) 
抄録夏場の高温対策として、沖縄県中央卸売市場に設置された定温施設が、マンゴー果実(以下、マンゴー)の鮮度に与える影響を検討するため、航空輸送による輸送試験を試みた。マンゴーは収穫後、常温(約30℃)下におかれることが多いが、適温(26℃)におくことにより果皮色の変化と炭疽病の進行は、若干抑制された。30℃を超える高温は果実の急速な劣化をもたらし、25℃以下の低温は出荷後の結露を生ずることから、収穫後のマンゴーは、果実品温が26〜28℃程度になるような取り扱いが必要と思われた。輸送中の箱内温度は、収穫後と空港内のマーシャリングヤードにおいて平均30℃以上で推移し、鮮度保持上の問題となることが示された。定温施設の効果を最大限に発揮させるには、収穫後の温度管理を行い、さらに定温施設搬出後の温湿度管理を改善することで、より適切な熟度コントロールや、病害の低減が実現できると考えられた。
索引語収穫後;マンゴー;定温施設;アーウィン;果皮色;果実;低温;果実品温;利用;鮮度保持
引用文献数12
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat