耐暑性サヤインゲン‘OHB00-1K’の育成経過とその特性

耐暑性サヤインゲン‘OHB00-1K’の育成経過とその特性

レコードナンバー793004論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035510NACSIS書誌IDAA12354979
著者名川上 光男
橘 知行
計良 貴子
和田 美由紀
田場 奏美
棚原 尚哉
坂本 守章
書誌名沖縄県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
別誌名Bull. Okinawa Agric. Res. Cent.
沖縄県農研セ研報
発行元沖縄県農業研究センター
巻号,ページ1号, p.46-52(2008-03)ISSN18829481
外部リンク
全文表示PDFファイル (1567KB) 
抄録1)沖縄県内で主に栽培されている若莢用インゲンマメ(以下、サヤインゲンと記す)品種‘ケンタッキーブルー’とマレーシア国から導入され国際農林水産業研究センターによって選抜された耐暑性サヤインゲン‘南星’との交雑後代から、莢色、莢長、耐暑性に関する選抜を繰り返して、県内出荷用耐暑性サヤインゲン‘OHB00-1K’を育成した。2)‘OHB00-1K’は、莢色は緑で、莢長は長い。食味は良好で、比較的高温条件下においても着莢することから、沖縄県内の6月上旬〜7月上旬及び10月上旬〜11月上旬の県内出荷向けのサヤインゲンとして活用できる。3)サヤインゲンの莢色・莢長・耐暑性の遺伝解析を行うため、莢が濃緑で長く耐暑性の弱い品種‘ケンタッキーブルー’と、莢が淡緑で短く耐暑性の強い品種‘南星’との正逆交雑を行い、個体別にホモ接合性を高めた自殖後代を育成し分離を調査した。その結果、莢色・莢長の遺伝には、細胞質遺伝はなく、不完全優性で複数の遺伝子が相加的に関与していると推測された。又、耐暑性の遺伝にも細胞質効果はないが、耐暑性に関わる遺伝子は劣性で複数存在すると推測された。
索引語耐暑性;耐暑性サヤインゲン;莢;莢色;莢長;ケンタッキーブルー;南星;サヤインゲン;品種;遺伝
引用文献数8
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat