各種植物根から分離したTrichoderma属菌の土壌病害に対する効果

各種植物根から分離したTrichoderma属菌の土壌病害に対する効果

レコードナンバー793013論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20035510NACSIS書誌IDAA12354979
著者名大城 篤
照屋 寛由
河野 伸二
澤岻 哲也
亀川 藍
仲里 富雄
仲村 伸次
書誌名沖縄県農業研究センター研究報告 = Bulletin of the Okinawa Prefectural Agricultural Research Center
別誌名Bull. Okinawa Agric. Res. Cent.
沖縄県農研セ研報
発行元沖縄県農業研究センター
巻号,ページ3号, p.17-20(2009-04)ISSN18829481
外部リンク
全文表示PDFファイル (1370KB) 
抄録植物土壌病害の生物防除エージェントとして有望なTrichoderma属菌を探索するために、各種植物根から分離されたTrichoderma属菌8菌株を用いて、土壌糸状菌病害である炭腐病菌(Macrophomina phaseolina)に対する寄生・溶菌性についてin vitroで評価した。その結果、タンカンの根より分離されたCT-2株が最も強い寄生・溶菌作用を示した。ツルナシインゲンの炭腐病に対する各菌株の防除効果についてポット試験で検討した。各菌株の胞子懸濁液を処理した種子を汚染土壌に播種した結果、CT-2株のみが防除効果(防除価:54.1)を示した。CT-2株の他の土壌病害に対する防除効果を検討するために、放線菌(Streptomyces spp.)よって引き起こされるジャガイモそうか病を対象病害として圃場試験を行った結果、CT-2株のバガス培地培養物の作条処理(30kg/10a)により、ジャガイモそうか病に対する高い防除効果(防除価:62.1)を示した。
索引語CT;防除効果;分離;ジャガイモそうか病;Trichoderma属菌;各種植物;土壌病害;寄生;各菌株;検討
引用文献数7
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat