シバ(Zoysia japonica Steud.)草地と寒地型草地における放牧黒毛和種繁殖雌牛のルーメン内容液性状の比較

シバ(Zoysia japonica Steud.)草地と寒地型草地における放牧黒毛和種繁殖雌牛のルーメン内容液性状の比較

レコードナンバー793045論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名青 海
金子 真
黒川 勇三
鎌田 寿彦
板橋 久雄
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ56巻・ 2号, p.131-136(2010-07)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (513KB) 
抄録シバ草地および寒地型牧草地(オーチャードグラスとトールフェスクの混播)に放牧された黒毛和種繁殖雌牛のルーメン内容液性状を、季節ごとに比較した。春のルーメン内容液中総VFAおよびアンモニア態窒素濃度は、シバ草地で高かったが、夏、秋に草地間差は小さくなった。これらの草地間差は有意でなく、季節変化と草地×季節の交互作用は有意であった(P<0.01)。その原因として、シバ草地のマメ科の構成割合が春に高く夏以降低下し、春はNDF含有率が低く全窒素含有率が高くなり、夏以降その差が小さくなったことが考えられた。シバ草地の放牧牛のルーメン内VFAおよびアンモニア態窒素含有率は、季節的な植物種構成の変動の影響を受けつつも、寒地型牧草地と大差はなかった。以上のことから、シバ草地で摂取した植物全体としては、寒地型牧草地に劣らないエネルギーや粗タンパク質の含有率をもつ可能性が示唆された。
索引語春;夏;シバ草地;草地;寒地型牧草地;比較;Zoysia japonica;ルーメン内容液性状;シバ;草地間差
引用文献数22
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat