余剰汚泥の発生を抑制した減量化の検討(1)

余剰汚泥の発生を抑制した減量化の検討(1)

レコードナンバー793106論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20024257NACSIS書誌IDAA1156024X
著者名田村 章
高橋 尚美
書誌名研究報告
別誌名香川県産業技術センター研究報告
発行元香川県産業技術センター
巻号,ページ10号, p.74-76(2010-06)ISSN13465236
全文表示PDFファイル (295KB) 
抄録中小食品製造企業における余剰汚泥減量化対策を実施するために、小豆島町内の佃煮製造工場から返送汚泥及びバッキ槽内の汚泥を採取し、活性汚泥連続試験装置を用いて、活性汚泥の好気性消化特性等について検討した。室温では、通気を行っても自己消化が進まず減量しないことが確認できた。適温(28℃)において、自己消化の速度を算出したところ、返送汚泥は、105mg/L・日、バッキ槽内の汚泥は、186mg/L・日となった。
索引語汚泥;検討;返送汚泥;バッキ槽内;自己消化;余剰汚泥;発生;抑制;減量化;活性汚泥
引用文献数4
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat