アンジオテンシン変換酵素阻害薬とスピロノラクトンを併用した僧帽弁閉鎖不全犬の血漿カリウム濃度の推移

アンジオテンシン変換酵素阻害薬とスピロノラクトンを併用した僧帽弁閉鎖不全犬の血漿カリウム濃度の推移

レコードナンバー793199論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名佐々木 慎哉
保田 恭志
柴田 真治
高島 諭
西飯 直仁
高須 正規
大場 恵典
北川 均
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ63巻・ 8号, p.625-629(2010-08)ISSN04466454
外部リンク
全文表示PDFファイル (338KB) 
抄録自然発症した僧帽弁閉鎖不全の犬54例において、アンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)とスピロノラクトンの長期併用時における血漿カリウム濃度を検討した。3〜95カ月の試験期間中に、スピロノラクトン非併用群とスピロノラクトン併用群ともに臨床症状が徐々に進行し、心臓陰影サイズは49週以降にわずかに拡大する傾向にあった。投与期間中に、スピロノラクトン非併用群、併用群とも明瞭な持続性の高カリウム血症は認められなかった。僧帽弁閉鎖不全の犬では、血漿電解質等のモニターは必要であるが、ACEIとスピロノラクトンの併用を考慮してもよいと考えられた。
索引語スピロノラクトン;併用;アンジオテンシン変換酵素阻害薬;血漿カリウム濃度;僧帽弁閉鎖不全;スピロノラクトン非併用群;併用群;僧帽弁閉鎖不全犬;推移;犬
引用文献数20
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat