新潟県下越陸棚域海底における泥底及び砂底の底質硬度と物性指標の関係

新潟県下越陸棚域海底における泥底及び砂底の底質硬度と物性指標の関係

レコードナンバー793240論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011795NACSIS書誌IDAN10278554
著者名梶原 直人
井関 智明
高田 宜武
藤井 徹生
書誌名水産工学
別誌名Fisheries engineering
発行元日本水産工学会
巻号,ページ47巻・ 1号, p.63-68(2010-07)ISSN09167617
全文表示PDFファイル (363KB) 
抄録新潟県下越陸棚域の水深50〜100mの海域において、底質環境の物性指標である一般的な分析項目(含水比、実比重、真比重、含泥率)及び強熱減量と3種の硬度指標との関係性を調査した。泥底においては3種の硬度指標のうち、DFG測定値で最も多く相関が認められ、PEについては全く相関が認められなかった。これらの結果は、測定器毎に土塊全体あるいは表層のみ等測定範囲の相違が影響していると考えられ、3種の硬度指標が異なる傾向を持つことが実測レベルで明らかとなった。今後も3種の硬度指標を併用して底質環境を詳細に把握する必要がある。また、調査海域で5定点認められた砂底では、底質環境の物性指標の値が殆ど変動していないにもかかわらず3種の硬度指標の値は大きく変動していた。砂底では粒度組成に関する指標との関連が示唆されるため、早急に知見を蓄積してこれを明らかにする必要がある。
索引語硬度指標;砂底;物性指標;値;底質環境;泥底;新潟県下;相関;変動;関係
引用文献数14
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat