ゴマ(Sesamum indicum L.)の生育,収量の成立およびリグナンの蓄積に関する研究

ゴマ(Sesamum indicum L.)の生育,収量の成立およびリグナンの蓄積に関する研究

レコードナンバー793279論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014358NACSIS書誌IDAN00239465
著者名熊﨑 忠
書誌名名城大学農学部学術報告
別誌名Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Meijo University
発行元名城大学農学部
巻号,ページ46号, p.33-44(2010-03)ISSN09103376
全文表示PDFファイル (3122KB) 
抄録本論文では、ゴマ栽培の基礎理論の確立を目指し、種子収量の成立過程および種子のリグナン含有量の決定経過を明らかにした。収量の解析にあたり、1個体当たり種子収量を1個体当たり�刮ハ数、1�刮ハ当たり種子数および種子1粒重に分解し、�刮ハ数については主茎�刮ハ数と分枝�刮ハ数に、主茎�刮ハ数を中心果数と側果数に、分枝�刮ハ数を分枝数および分枝1本当たり�刮ハ数に分解した。その結果、栽培環境によって、1�刮ハ当たり種子数および種子1粒重はほとんど変動せず、主として1個体当たり�刮ハ数の変動が種子収量に影響すること、�刮ハ数の変動には分枝数が最も大きく影響し、次いで分枝1本当たり�刮ハ数、さらに主茎側果数、主茎中心果数の順に影響が小さくなることが明らかになった。また、温帯地域のゴマ栽培では、播種期が遅れると短日、低気温および低地温によって開花節数および�刮ハ数が減少して収量が低下することが明らかになった。一方、ゴマの発芽が比較的広範囲の温度で順調に起こることから、マルチ栽培では地温が上昇し、発芽直後の幼植物の成長が促進されて出芽が促進されること、さらに肥料吸収促進効果が加わって分枝数、開花節数および�刮ハ数が増加して収量が増加することが明らかになった。これらから、温帯地域のゴマ栽培にとって早期播種およびマルチ栽培が必須とも言えるほど重要であることが明らかになった。リグナン含有量は、種子乾物重の増加に伴って増加し、完熟直前の種子の水分減少時に減少することが明らかになり、さらに完熟時の含有量は日長時間および地温の影響を受けず、低気温によって増加することが明らかになった。
索引語増加;ゴマ;収量;Sesamum indicum;リグナン;種子;減少;促進;ゴマ栽培;リグナン含有量
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat