DART-TOF/MSを用いたポリ塩化ビニル中の可塑剤の検索およびフタル酸エステルのスクリーニング法の検討

DART-TOF/MSを用いたポリ塩化ビニル中の可塑剤の検索およびフタル酸エステルのスクリーニング法の検討

レコードナンバー793336論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名阿部 裕
山口 未来
六鹿 元雄
平原 嘉親
河村 麻衣子
花尻 瑠理
合田 幸広
河村 葉子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ51巻・ 4号, p.160-169(2010-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (654KB) 
抄録Direct analysis in real time(DART)イオン化装置にtime of flight/mass spectrometry(TOF/MS)を組み合わせたDART-TOF/MSを用いて、ポリ塩化ビニル(PVC)中の可塑剤の検索とフタル酸エステルのスクリーニング法を検討した。可塑剤40種をDART-TOF/MSで測定したところ、ほとんどの可塑剤でプロトン付加体の擬分子イオン[M+H](+)が得られ、分子量が容易に推定された。また、PVC製シートおよび玩具中の可塑剤を測定したところ、それぞれの可塑剤に相当するマススペクトルが得られ、容易に可塑剤の検索ができた。さらに、DART-TOF/MSにおけるフタル酸エステルのイオン強度を検出限界または最適な目安値で選抜することにより、フタル酸エステル含有量が0.1%を超える試料を見逃すことなくスクリーニングできることを示した。DART-TOF/MS測定は操作が簡便で、瞬時に結果が得られるためPVC中の可塑剤の検索やフタル酸エステルのスクリーニングに有用である。
索引語可塑剤;フタル酸エステル;検索;スクリーニング法;検討;測定;スクリーニング;real time;time;flight/mass
引用文献数14
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat