イオントラップ型GC/MSを用いた畜水産物を主原料とする加工食品中の残留農薬一斉分析法の検討

イオントラップ型GC/MSを用いた畜水産物を主原料とする加工食品中の残留農薬一斉分析法の検討

レコードナンバー793339論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名眞壁 祐樹
宮本 文夫
橋本 博之
中西 希代子
長谷川 康行
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ51巻・ 4号, p.182-195(2010-08)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (811KB) 
抄録畜水産物を主原料とする加工食品中の残留農薬について一斉分析法を検討した。均一化した試料に酢酸エチル-シクロヘキサン(1:1)および硫酸ナトリウムを加えて抽出、濃縮後、アセトニトリル/ヘキサン分配およびC18ミニカラムで脱脂し、グラファイトカーボン/PSAミニカラムで精製した。分析にはイオントラップ型GC/MSを使用し、スキャン法で測定した。スキャン法での測定が困難な農薬についてはMS/MS法でスキャン法と同時に測定した。試料4種(冷凍餃子、ウナギ蒲焼、コンビーフ、レトルトカレー)について292成分の添加回収試験(0.1μg/g添加)を行った結果、210(レトルトカレー)〜262(冷凍餃子)成分が回収率70〜120%の範囲であった。本法は畜水産物を主原料とする加工食品中の残留農薬検査に有用な分析法であると考えられる。
索引語イオントラップ型GC;畜水産物;主原料;スキャン法;測定;検討;冷凍餃子;レトルトカレー;アセトニトリル;農薬
引用文献数14
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat