ハトムギを用いた紅麹の発酵条件と発酵により得られる有用成分に関する研究

ハトムギを用いた紅麹の発酵条件と発酵により得られる有用成分に関する研究

レコードナンバー793360論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名岡田 幸子
多田 幹朗
河野 勇人
三宅 剛史
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ36巻・ 4号, p.173-176(2010-07)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (701KB) 
抄録本報告では、ハトムギの、紅麹菌による固体培養法を用いた製造方法およびその生産物「ハトムギ紅麹」の機能性成分について検討した。ハトムギを紅麹菌で固体培養させることにより、遊離アミノ酸や、GABAの成分、および抗酸化活性が増大した。(1)ハトムギは、7時間以上吸水処理が必要であり、ハトムギの紅麹菌による固体培養は、種用紅麹を10%以上用いる必要があった。(2)固体培養におけるハトムギ紅麹の菌体量、色度は、培養10日目まで増加した。(3)固体培養におけるハトムギ紅麹のGABA含量は、培養日数の経過とともに顕著に増大した。(4)固体培養におけるハトムギ紅麹の遊離アミノ酸は、培養日数の経過とともに顕著に増大した。(5)固体培養におけるハトムギ紅麹の抗酸化活性(TAS活性)は、培養日数の経過とともに顕著に増大した。
索引語ハトムギ;固体培養;ハトムギ紅麹;増大;紅麹菌;培養日数;経過;発酵;遊離アミノ酸;抗酸化活性
引用文献数16
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat