ヒラメ白血球包囲化反応における顆粒球およびケモ力インの活性

ヒラメ白血球包囲化反応における顆粒球およびケモ力インの活性

レコードナンバー793408論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名倉田 修
Kitancharoen N.
藤原 篤志
中易 千早
和田 新平
畑井 喜司雄
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ45巻・ 3号, p.121-129(2010-09)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (1159KB) 
抄録Ichthyophonus hoferiの多核球状体に対するヒラメ白血球のin vitro包囲化反応では、ペルオキシダーゼ陽性の顆粒球が多数を占めていた。顆粒球はI. hoferiに接着し、その周囲を取り囲んでいた。包囲化の過程において、3種類のCCケモカインおよび1種類のCXCケモカインのmRNA発現上昇が確認された。特に、CC-CLMおよびIL-8は顆粒球により産生され、異物包囲化の初期反応における顆粒球の重要性が示唆された。
索引語顆粒球;Ichthyophonus hoferi;in vitro包囲化反応;CCケモカイン;CXCケモカイン;ヒラメ白血球包囲化反応;ケモ力イン;活性;包囲化;多核球状体
引用文献数51
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat