クスアナアキゾウムシの発育に対する温度と日長の影響

クスアナアキゾウムシの発育に対する温度と日長の影響

レコードナンバー793417論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名若山 学
井上 大成
佐藤 重穂
前藤 薫
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ54巻・ 3号, p.97-106(2010-08)ISSN00214914
外部リンク
全文表示PDFファイル (649KB) 
抄録クスアナアキゾウムシを様々な日長と温度で飼育し、発育特性を明らかにした。18〜25℃の範囲では、幼虫は15L9Dの長日条件でも12L12Dの短日条件でも休眠することなく発育した。幼虫は5〜13齢を経過して蛹化した。温度が低く発育が遅い条件では、脱皮回数が増加し、幼虫期後半に費やされる期間が延長した。死亡率は20℃で最も低く、また羽化成虫の体重は20℃で最も重かった。発育零点と有効積算温度は、卵で10.45℃と137.42日度、幼虫で15.19℃と1,361.58日度、蛹で10.28℃と177.34日度だった。これらの値に基づいて、高知県の平野部と山間部における発育経過を推定した。平野部では早い時期に産卵された場合には、年内に羽化し翌年産卵する1年型、遅い時期に産卵された場合には2年目に羽化し3年目に産卵する2年型となるが、山間部では早い時期に産卵された場合には2年型、遅い時期に産卵された場合には3年目に羽化し4年目に産卵する3年型になると推定された。
索引語産卵;クスアナアキゾウムシ;日長;発育;温度;幼虫;羽化;平野部;山間部;推定
引用文献数28
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat