生殖腺とエンドクチクラ層の発達を指標としたクモヘリカメムシの年間発生世代数の推定

生殖腺とエンドクチクラ層の発達を指標としたクモヘリカメムシの年間発生世代数の推定

レコードナンバー793418論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014825NACSIS書誌IDAN00186121
著者名松木 伸浩
石崎 摩美
渡邊 朋也
書誌名日本応用動物昆虫学会誌
別誌名Japanese journal of applied entomology and zoology
日本応用動物昆虫学会誌
巻号,ページ54巻・ 3号, p.107-113(2010-08)ISSN00214914
外部リンク
全文表示PDFファイル (457KB) 
抄録クモへリカメムシの羽化後日数に伴う生殖腺の発達とエンドクチクラ層数の増加について明らかにし、それらを指標として福島県における本種の年間発生世代数を推定した。室内実験の結果、本種成虫の生殖腺は短日条件で生殖休眠が誘導され、長日条件では羽化後日数の経過に伴い生殖腺が発達した。これに対してエンドクチクラ層の発達は、日長条件に関わらず羽化後日数の経過に伴い層数が増加した。生殖腺の発達段階とエンドクチクラ層数を指標として2006年福島県東白川郡矢祭町で採集した個体を調査したところ、8月上旬に捕獲された成虫は越冬個体であると推定された。さらに8月下旬には第1世代成虫が発生し9月上旬には生殖休眠個体が確認された。これらの結果から、矢祭町付近における本種の発生は主に年1化であることが明らかになった。
索引語生殖腺;発達;年間発生世代数;指標;推定;羽化;エンドクチクラ層;本種;発生;増加
引用文献数15
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat