デポジット制度がリユースペットボトルの需要に及ぼす影響

デポジット制度がリユースペットボトルの需要に及ぼす影響

レコードナンバー793438論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名沼田 大輔
馬奈木 俊介
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ23巻・ 5号, p.381-393(2010-09)ISSN09150048
全文表示PDFファイル (668KB) 
抄録ペットボトルは、高い回収率であれば、リユースがワンウェイよりも環境負荷を減らしうることが示唆されている。このため、昨今の日本では、ペットボトルのリユースをおこなう場合の回収率を高める方策の検討が求められている。この回収率を高める方策としてデポジット制度の活用が考えられる。しかしデポジット制度は購入時にデポジット分だけリユースペットボトル入り製品の価格を上昇させるため、リユースペットボトル入り製品の需要が減少する懸念がある。本稿では、デポジット制度が組み込まれた環境省リユースペットボトル実証実験において、消費者にアンケートをおこない、デポジット制度がリユースペットボトル入り製品の需要に及ぼす影響について、実証分析をおこなった。その結果、宅配販売のリユースペットボトル入り製品が、4本入り1箱の単位で販売され、1本あたり20円のデポジットが適用されることで、その製品が値上がりしたと感じる消費者については、リユースペットボトル入り製品の需要を減らすという示唆を得た。また、デポジット額に対する感想は、リユースペットボトル入り製品の需要に影響を与えないという示唆も得た。
索引語製品;需要;デポジット制度;影響;回収率;示唆;ペットボトル;リユース;方策;消費者
引用文献数12
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat