さとうきびによるバイオエタノール燃料の普及可能性

さとうきびによるバイオエタノール燃料の普及可能性

レコードナンバー793559論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004775NACSIS書誌IDAN00202024
論文副題沖縄県宮古島市における意識調査から
著者名北田 紀久雄
五十嵐 春子
中西 康博
書誌名農村研究
別誌名Journal of rural community studies
Nōsonkenkyu
Nōsonkenkyū
発行元東京農業大学農業経済学会→食料・農業・農村経済学会 (121号-)
巻号,ページ111号, p.34-44(2010-09)ISSN03888533
全文表示PDFファイル (184KB) 
抄録本研究は、甘味資源作物であるさとうきびの副産物である糖蜜からバイオエタノールを製造する実証事業が行われている宮古島市を対象に検討を行う。宮古島市は、バイオマスの利活用に積極的な地域でもあり、地域全体として、バイオマスを活用したエネルギーの地産地消にも取り組んでいる。こうした取り組みが地域に定着するためには、バイオエタノールの原料であるバイオマス資源作物を生産する生産者の協力が必要不可欠である。また、地域住民の理解や協力なくしては実際にバイオエタノールの利用が拡大し、温室効果ガス排出量の削減には繋がらないといえよう。本研究では、甘味資源作物であるさとうきびを利用したバイオエタノールの日本国内での普及可能性やその問題点を解明するため、バイオエタノール製造実証事業が導入されている沖縄県宮古島市を事例に、さとうきび生産農家と市民に対する意識調査をもとに検討を行うことを課題とする。意識調査によれば、さとうきび生産者としては、今後バイオエタノールの需要が増大したとしても、さとうきびの増産には少なくとも価格の引き上げ前提であること、その一方で、宮古島市民はガソリンの代替燃料としてのバイオエタノールとしての認識が強く、高くてもガソリン並の供給価格が必要であることが示された。その意味で、バイオエタノールの普及拡大には地域全体としての包括的な取り組みが一層重視されると考える。
索引語バイオエタノール;さとうきび;意識調査;普及可能性;沖縄県宮古島市;地域;宮古島市;バイオマス;甘味資源作物;検討
引用文献数5
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat