コムギ播種時期・播種量とトリフルラリン剤処理がカラスムギ防除に及ぼす影響

コムギ播種時期・播種量とトリフルラリン剤処理がカラスムギ防除に及ぼす影響

レコードナンバー793569論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名浅井 元朗
與語 靖洋
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.158-166(2010-09)ISSN0372798X
外部リンク
全文表示PDFファイル (559KB) 
抄録ムギ作の難防除雑草であるカラスムギを防除するため、コムギ播種時期を移動した圃場試験を茨城県つくば市において2000年、2001年の2ヶ年にわたって実施し、カラスムギおよびコムギの生育に及ぼす影響を検討した。カラスムギの出芽盛期は2ヶ年とも11月中旬〜12月上旬であった。コムギ播種時期の遅延とともにカラスムギの密度は減少し、11月下旬以降の播種で種子生産量の推定値が初期密度以下となった。トリフルラリン乳剤の1.34kg a.i./ha(製剤投入量300ml/10a)処理によるカラスムギ防除効果は年次変動があるものの、生残個体数、穂数、小穂数を無処理区の30〜70%に抑制した。トリフルラリンの効果は約1週間の播種時期遅延に相当し、11月下旬播種・トリフルラリン処理は12月上旬播種・無処理と同程度のカラスムギ防除効果を有すると推定された。コムギの生育は播種時期の遅延にともなって減少したが、年次変動が大きく、暖冬年(2001年播種)は遅播による減収は少なかった。コムギ播種時期の遅延はカラスムギ密度増加防止策としてトリフルラリン剤処理以上に有効である。
索引語カラスムギ;遅延;影響;コムギ;生育;減少;カラスムギ防除効果;年次変動;播種;生残個体数
引用文献数20
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat