ジクワット・パラコート液剤処理および麦桿の被覆がカラスムギ種子の出芽に及ぼす影響

ジクワット・パラコート液剤処理および麦桿の被覆がカラスムギ種子の出芽に及ぼす影響

レコードナンバー793570論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名浅井 元朗
與語 靖洋
書誌名雑草研究
別誌名日本雑草学会会報
Journal of weed science and technology
Weed research
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ55巻・ 3号, p.167-173(2010-09)ISSN0372798X
外部リンク
全文表示PDFファイル (417KB) 
抄録ムギ作の難防除雑草カラスムギ種子に対し、イネ科植物種子の発芽および幼植物生育阻害効果が認められているパラコートによる出芽抑制効果を野外ポット試験によって評価し、総合的防除体系の1要素としての可能性を検討した。裸地状態の地表面に置床したカラスムギ種子に対しジクワット・パラコート液剤(ジクワットジブロミド7.0%、パラコートジクロリド5.0%)1,000ml/10a(標準量)散布し、以後不耕起状態を維持した条件において、グリホサートアンモニウム塩液剤500ml/10a処理と比較して生残種子数が減少した。また、散布後に耕起した条件においても3,000ml/10a以上の処理濃度で出芽数が顕著に減少した。しかし、地表面を麦桿で被覆した条件では標準量の4.6倍の処理濃度でもカラスムギ出芽抑制効果は確認できなかった。また、面積あたりの散布水量を2〜5倍に増加すると出芽抑制効果が低下した。以上の結果から、通常のジクワット・パラコート液剤処理方法ではムギ類収穫後のカラスムギの実用的なレベルの夏期の種子低減、および出芽数抑制効果は得られないと考えられた。
索引語ジクワット;麦桿;カラスムギ種子;地表面;標準量;条件;被覆;パラコート液剤処理;出芽;出芽抑制効果
引用文献数13
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat