種雄牛の体細胞クローン牛の肥育相似性およびクローン技術の認識度

種雄牛の体細胞クローン牛の肥育相似性およびクローン技術の認識度

レコードナンバー793589論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20038090NACSIS書誌IDAA12462891
著者名谷山 敦
井上 哲郎
中里 敏
橋元 大介
川口 貴之
井上 昭芳
書誌名長崎県農林技術開発センター研究報告
別誌名Bulletin of the Nagasaki Agricultural & Forestry Technical Development Center
発行元長崎県農林技術開発センター
巻号,ページ1号, p.105-111(2010-03)ISSN18848605
外部リンク
全文表示PDFファイル (702KB) 
抄録黒毛和種種雄牛「松寿丸」の耳細胞を用いて得られた体細胞クローン牛1頭について肥育試験を実施し、その発育成績および枝肉成績について調査し、体細胞クローン牛の正常性および相似性を検討した。体細胞クローン牛は肥育期間中良好な発育を示し、肥育終了時体重は896kgであった。枝肉成績は、枝肉重量547kg、BMSNo.5であり、特に胸最長筋面積、ばらの厚さに関して、良好な成績であり、「松寿丸」の間接検定成績に相似していた。また、畜産関係者117名を対象にクローン牛に関する意識調査を行った結果、認識度において、「クローン技術」に対する認識度は高かったが、実際問題として「受精卵クローン牛肉の表示販売」や「体細胞クローンによる生産物の出荷自粛」に対する認識度は低い傾向であった。
索引語認識度;体細胞クローン牛;クローン技術;松寿丸;枝肉成績;成績;クローン牛;種雄牛;肥育相似性;体細胞クローン
引用文献数16
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat