台木の違いがレモンの樹体生育、収量および果実形質に及ぼす影響

台木の違いがレモンの樹体生育、収量および果実形質に及ぼす影響

レコードナンバー793609論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20033593NACSIS書誌IDAA12291427
著者名赤阪 信二
池田 裕朗
塩田 俊
書誌名広島県立総合技術研究所農業技術センター研究報告 = Bulletin of the Hiroshima Prefectural Technology Research Institute Agricultural Technology Research Center
別誌名広島総研農技セ研報
広島県立総合技術研究所農業技術センター研究報告
発行元広島県立総合技術研究所農業技術センター
巻号,ページ87号, p.45-51(2010-08)ISSN1882420X
全文表示PDFファイル (500KB) 
抄録台木の違いがレモン1年生苗木および成木の樹体生育、収穫時期、収量および果実形質に及ぼす影響を明らかにするため、台木として‘トロイヤー’シトレンジ、‘カラタチ’および‘ヒリュウ’を用い、穂品種として石田系‘リスボン’または道谷系‘ビラフランカ’を用いて調査した。1.樹体生育は、1年生苗木ではトロイヤーシトレンジ台とヒリュウ台がカラタチ台より優れた。しかし成木では、トロイヤーシトレンジ台の樹冠容積がカラタチ台より大きく、ヒリュウ台ではカラタチ台より小さかった。2.トゲが発生した節の比率は、1年生苗木および成木においてもトロイヤーシトレンジ台が最も高く、次いでカラタチ台で、ヒリュウ台が最も低かった。3.果実肥大は、トロイヤーシトレンジ台がカラタチ台およびヒリュウ台より優れた。4.1樹当りの収量は、ヒリュウ台がカラタチ台およびトロイヤーシトレンジ台より少なかった。しかし、樹冠容積当りの収量は、カラタチ台とヒリュウ台が同等で、トロイヤーシトレンジ台が少なかった。5.果実形質は、トロイヤーシトレンジ台で果皮の着色が遅く、糖度と酸度が低かった。また、ヒリュウ台とカラタチ台の果実形質はほとんど差がなかった。
索引語カラタチ台;ヒリュウ台;収量;果実形質;台木;樹体生育;成木;違い;影響;カラタチ
引用文献数16
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat