担子菌菌叢の定量的評価を目指したDNA増幅条件

担子菌菌叢の定量的評価を目指したDNA増幅条件

レコードナンバー800052論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
著者名和田 朋子
五十嵐 圭日子
鮫島 正浩
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ36巻・ 5号, p.200-207(2010-09)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (660KB) 
抄録腐朽木材中の担子菌を同定するために、Phi29DNAポリメラーゼによる非特異的DNA増幅とポリメラーゼ連鎖反応(PCR)によるリボソームDNA(rDNA)の内部転写スペーサー(ITS)領域の特異的増幅を組み合わせた手法は有用である。本研究では、担子菌菌叢の定量的評価を行うために、DNA増幅条件について検討した。白色腐朽菌Phanerochaete chrysosporiumおよび褐色腐朽菌Postia placentaから抽出したDNAを等量混合し、様々な条件下でDNA増幅に供した。Phi29 DNAポリメラーゼによる非特異的DNA増幅ではニ種の菌の混合比は、元の比を反映していた。その一方で、PCRサイクル数の増加はDNAの混合比にバイアスを生じた。以上の結果に基づき、担子菌菌叢の定量的評価のために指数的増幅範囲内にPCRサイクル数を最小限に抑えることを提案した。
索引語担子菌菌叢;定量的評価;DNA;DNA増幅条件;非特異的DNA増幅;混合比;PCR;rDNA;内部転写スペーサー;白色腐朽菌Phanerochaete
引用文献数18
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat