先端黄白化症抵抗性キヌサヤエンドウ‘伊豆みどり’の育成とその特性

先端黄白化症抵抗性キヌサヤエンドウ‘伊豆みどり’の育成とその特性

レコードナンバー800166論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名村上 覚
末松 信彦
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ9巻・ 4号, p.403-408(2010-10)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (809KB) 
抄録伊豆地域の秋採りキヌサヤエンドウにおいて重要病害である先端黄白化症に対して抵抗性を持つ‘伊豆みどり’を育成した。先端黄白化症に対する抵抗性は、耐暑性を有する‘あずみ野30日絹莢PMR’から導入した。先端黄白化症抵抗性は、優性の核遺伝子によって支配される形質であった。‘伊豆みどり’は、‘あずみ野30日絹莢PMR’に伊豆地域で広く栽培されている‘伊豆1号’を交配したF1に対し、さらに‘伊豆1号’を2回戻し交雑することにより育成した。‘伊豆みどり’は、先端黄白化症に対して高度な抵抗性を持っていた。‘伊豆みどり’の草丈、節数、分枝数、第一着莢節位はいずれも‘伊豆1号’と有意な差はなく、生育特性は同等であった。莢については、長さ、幅、へた長、厚さ、重さ、緑色度のいずれも‘伊豆1号’と有意な差はなく、品質は同等であった。収量、早晩性についても‘伊豆1号’と同等であった。以上のことから、‘伊豆みどり’は先端黄白化症抵抗性以外の実用形質は‘伊豆1号’と同等であることが確認された。このため、‘伊豆みどり’は伊豆地域の秋採り栽培において普及することが期待される。
索引語伊豆みどり;育成;先端黄白化症;抵抗性;伊豆地域;差;優性;F1;第一着莢節位はい;早晩性
引用文献数11
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat