ポリ乳酸製器具・容器包装の含有物質の検討および溶出液の変異原性

ポリ乳酸製器具・容器包装の含有物質の検討および溶出液の変異原性

レコードナンバー800219論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名尾崎 麻子
大嶋 智子
大垣 寿美子
河村 葉子
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ51巻・ 5号, p.220-227(2010-10)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (537KB) 
抄録ポリ乳酸製器具・容器包装7検体について食品衛生法における規格試験を実施した。さらに、その他の含有物質や溶出物質の検討をICP-AESおよびGC/MSを用いて行い、溶出液について2種類の変異原性試験を実施した。その結果、すべての試料が食品衛生法における規格基準を満たしており、金属の溶出もほとんど見られなかった。溶出液のGC/MSによるピーク検索の結果、大きなピークは見られず、レックアッセイおよびumu-テストの両方の試験においてすべての試料が陰性を示した。umu-テストにおいて汁椀の溶出液がβ-ガラクトシダーゼ活性を若干増加させたが、素地であるポリ乳酸からの溶出物によるものではなく、塗装面のポリウレタンによるものと推測された。
索引語溶出液;GC/MS;ポリ乳酸製器具;含有物質;検討;食品衛生法;実施;試料;テスト;用いて行い
引用文献数5
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat