遅羽性(K)遺伝子が名古屋種雌の羽性形質および生産形質に及ぼす影響

遅羽性(K)遺伝子が名古屋種雌の羽性形質および生産形質に及ぼす影響

レコードナンバー800277論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005654NACSIS書誌IDAN00186755
著者名中村 明弘
石川 明
神作 宜男
長尾 健ニ
石代 正義
近藤 一
野田 賢治
書誌名日本家禽学会誌
別誌名Japanese journal of poultry science
Jpn. poult. sci.
家禽会誌
日本家禽会誌
The journal of poultry science
Japanese poultry science
発行元日本万国家禽学会
巻号,ページ47巻・ 2号, p.85-91(2010-10)ISSN00290254
全文表示PDFファイル (910KB) 
抄録本研究ではPCR法によって羽性遺伝子型を決定した遅羽性(K/w)と速羽性(k(+)/w)の名古屋種雌を用いて、遅羽性(K)遺伝子が羽性形質および生産形質に及ぼす影響を明らかにした。試験1ではK/wとk(+)/wの間で育成期の第2副翼羽の長さ、尾羽の長さおよび体重を比較した。その結果、2〜4週齢時の第2副翼羽および2〜10週齢時の尾羽の長さにおいて、K/wはk(+)/wに比べて有意に短かった。一方、2〜20週齢時の体重はK/wがk(+)/wに比べて有意に軽かった。試験2では血縁関係が明らかな産卵期のK/wとk(+)/wを用いて、体重、初産日齢、卵重、卵殻強度、卵殻色および産卵率を測定した。重回帰分析によって羽性遺伝子型と各生産形質との関連性を検討した結果、羽性遺伝子型間の有意差が250日齢の体重と210日齢の卵重で認められた。以上のことから、名古屋種雌においてK遺伝子は体重と卵重に影響することが示唆される。そのため、名古屋種の遅羽性系統を造成する際には体重と卵重の減少に留意して改良を実施する必要がある。
索引語遅羽性;体重;羽性形質;生産形質;卵重;影響;名古屋種雌;長さ;遺伝子;羽性遺伝子型
引用文献数29
登録日2011年05月27日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat