卵胞成熟過程におけるセロトニンの卵胞内包量の変化とセロトニン合成酵素分子の遺伝子発現変化

卵胞成熟過程におけるセロトニンの卵胞内包量の変化とセロトニン合成酵素分子の遺伝子発現変化

レコードナンバー800300論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名福元 隆浩
庄司 憲明
小野寺 大
櫻井 威織
平尾 幸久
田中 哲二
畑村 育次
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ27巻・ 4号, p.216-219(2010-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (822KB) 
抄録セ口トニン(5-HT)は神経伝達物質として知られ、精神疾患の作用因子として理解されている。卵胞形成過程に於ける5-HTは、脳下垂体を介した性腺刺激ホルモンの調節下で作用すると考えられていた。最近の知見より、セロトニン受容体を介したシクナル伝達がプロゲステロンの卵胞内分泌を調整することが示唆され、かつ卵胞における5-HTはHPLCにより幾種もの動物で検出されている。卵胞組織において5-HTが分泌される可能性を検討する為、我々はセロトニン合成酵素である、TPH1、DDCと5-HTの解析をマウス卵胞で行った。5-HTは原始卵胞から検出され、卵胞成熟過程では卵胞透明帯で陽性反応が認められると同時に内包量が増大した。他方、セロトニン合成酵素の遺伝子発現の亢進が認められた。結果、卵胞成熟にはセロトニン合成経路が作用していることが明らかになり、卵胞組織で5-HTが分泌される可能性が示唆された。
索引語HT;卵胞成熟過程;セロトニン;作用;分泌;変化;示唆;卵胞;検出;卵胞組織
引用文献数17
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat