都市の緑地計画・管理と生態リスク

都市の緑地計画・管理と生態リスク

レコードナンバー810047論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015063NACSIS書誌IDAN00193852
著者名田中 貴宏
書誌名日本生態學會誌
別誌名日生態会誌
Jpn. j. ecol
Japanese journal of ecology
日本生態学会誌
発行元日本生態学会暫定事務局
巻号,ページ60巻・ 3号, p.369-376(2010-11)ISSN00215007
全文表示PDFファイル (617KB) 
抄録従来、都市計画分野では、意思決定に際してプランナーと呼ばれる人々の主観に頼ることが多かった。しかし、環境配慮が求められる昨今、科学的知見をより積極的に活用することが求められており、そのため生態学との連携が期待されている。そこで、本稿では「生態リスク」を「都市の生態系サービスの劣化にともない、人間が不利益を被るリスク」と定義し、その言葉をカギにしながら、生態学と連携した都市計画のあり方について検討を行った。都市の緑地には様々な生態系サービスがあり、それらに関する個別研究は進められているものの、1)生態系サービスを総合的に扱うための手法の確立、2)都市の生態リスクを測る指標の確立、3)都市の計画・管理主体への支援情報の整備と、その情報提供、4)モニタリングの仕組みの整備、5)都市の生態系サービスに対する認識の共有、6)人口減少社会における都市緑地の計画・管理手法の確立といったことが今後の課題として挙げられ、それらの解決のために都市計画と生態学の連携、役割分担の明確化が必要である。
索引語都市;生態系サービス;生態学;連携;確立;計画;都市計画;生態リスク;整備;リスク
引用文献数65
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat