ニジマス3年成熟系の固定

ニジマス3年成熟系の固定

レコードナンバー810247論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名松岡 栄一
佐藤 敦彦
星野 勝弘
薩美 賢策
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ1号, p.18-21(1995-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (225KB) 
抄録年間を通して高品質な大型魚の供給を可能にするため、ニジマス(Oncorhynchus mykiss)3年成熟系固定化の選抜育種を3年×2代(6年間)行ってきた。試験開始前の1988年の3年成熟魚の出現率は、12.6~26.1%であったが、試験期間中の出現率は、13.8~64.3%と選抜育種により3年成熟魚の出現率の向上が認められた。なお、卵膜中における特定の糖蛋白質出現率の高い群が、3年成熟魚の出現率が高かった。また、バイテク技術の利用による選抜の促進を行ったところ、3年成熟魚の出現率は第一卵割阻止で64.3%、クローン系で38.1%であった。
索引語出現率;3年成熟魚;選抜育種;1988年;群;選抜;大型魚;供給;ニジマス;mykiss
引用文献数3
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat