アユのとびはね行動となわばり形成能の相関

アユのとびはね行動となわばり形成能の相関

レコードナンバー810251論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名田中 英樹
吉沢 和倶
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ1号, p.36-39(1995-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (233KB) 
抄録アユ(Plecoglossus altivelis)のとびはね検定におけるとびはね率と、友釣り再捕率との間には正の相関関係が認められている。そこで、稚魚期にとびはねた、あるいはとびはねなかったという前歴が、なわばり形成能と攻撃行動に影響を与えているのかについて、群馬県水産試験場(以下「群馬水試」という。)産人工アユを用いて水槽内実験を行った。
索引語とび;アユ;友釣り再捕率;正の相関関係;産;人工;用いて;率;検定;前歴
引用文献数4
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat