九十九川小俣堰堤魚道の魚類による利用実態調査

九十九川小俣堰堤魚道の魚類による利用実態調査

レコードナンバー810258論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名小西 浩司
信沢 邦宏
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ1号, p.56-58(1995-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (182KB) 
抄録群馬県内には多数のダム、取水堰、頭首工、砂防堰堤などが存在し、魚類などの移動の妨げとなり、水生生物とって大きな脅威となっている。今回、九十九川の堰堤に設置されている魚道を対象に、堰堤下流にアユ稚魚を放流し、その後の動向を追跡し、この魚道の効果を検討した。
索引語魚道;群馬県内;取水堰;頭首工;砂防堰堤;水生生物;堰堤;多数;ダム;存在
引用文献数1
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat