ヤマメの性転換雄魚作出試験

ヤマメの性転換雄魚作出試験

レコードナンバー810259論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012761NACSIS書誌IDAN10530234
著者名松岡 栄一
星野 勝弘
薩美 賢策
書誌名群馬県水産試験場研究報告
発行元群馬県水産試験場
巻号,ページ1号, p.59-61(1995-03)ISSN13421085
全文表示PDFファイル (163KB) 
抄録全雌三倍体など、全雌種苗の大量生産に必要な性転換雄魚作出技術は本県では、ニジマス(Oncorhynchus mykiss)については確立されてきた。ヤマメ(Oncorhynchus masou)の場合は性分化の時期がニジマスと比べ早いこともあり、ホルモン処理の方法も浸漬が必要であり複雑となる。ヤマメについての性転換雄魚作出の報告例はいくつかあるが、系統により結果が多少異なっていると考えられる。このため、群馬県水産試験場川場養魚分場(以下「川場分場」という。)で飼育しているヤマメについて性転換雄魚作出試験を実施した。
索引語ヤマメ;ニジマス;作出;魚;性転換;雄;性転換雄魚作出;試験;全雌三倍体;全雌種苗
引用文献数5
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat