密植栽培がムラサキアスパラガス‘パープルパッション’の収量および生育に及ぼす影響

密植栽培がムラサキアスパラガス‘パープルパッション’の収量および生育に及ぼす影響

レコードナンバー810467論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名元木 悟
北澤 裕明
前田 智雄
久徳 康史
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 1号, p.81-86(2011-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (452KB) 
抄録日本の寒冷地において,近年,作付けが増えているムラサキアスパラガスは,定植後の若年株の収量がグリーンアスパラガスに比べて著しく劣ることが問題となっている。そのため,露地長期どり栽培での密植栽培による増収の可能性を,1999~2005年までの7年間にわたり調査した。その結果,ムラサキアスパラガス‘Purple Passion’の収量は,若年株ではグリーンアスパラガス‘UC157’に比べて低かったものの,密植栽培を行うと,‘UC157’の慣行区に近い収量を得ることができた。さらに,‘Purple Passion’の密植栽培の4年株以降では,‘UC157’の慣行区と同等の収量を得ることができた。また,‘UC157’と比較して,‘Purple Passion’は単位面積当たりの収穫本数は少ないものの,密植を行っても1茎重は維持された。このことから,収穫作業における労働負担軽減の可能性が考えられた。以上より,ムラサキアスパラガスは,グリーンアスパラガスと比べて密植栽培適性に優れていると考えられた。
索引語ムラサキアスパラガス;密植栽培;パープルパッション;収量;生育;影響
引用文献数24
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat