キュウリ果実中の糖含量の日ごとの変動と血糖センサーの品質評価への利用

キュウリ果実中の糖含量の日ごとの変動と血糖センサーの品質評価への利用

レコードナンバー810471論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名堀江 秀樹
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ10巻・ 1号, p.109-113(2011-01)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (369KB) 
抄録同一ビニールハウスで収穫したキュウリ果実中の糖含量について日ごとの変化を調査した。果実中にはグルコースとフルクトースがほぼ等量含まれていた。果実中のグルコース(およびフルクトース)の含量は,収穫日によって0.8~1.4%の間で変動した。果実中のグルコース含量と収穫前日の天候との関連が認められ,日照時間が短い場合や遮光処理した場合に,翌日収穫した果実中のグルコース含量が低下した。キュウリ果実中の糖含量は日々変動するため,キュウリの内部品質管理には果実中の糖含量を簡便・迅速に測定できるのが望ましい。そこで,使い捨て型のバイオセンサーである血糖センサーを用い,果実中のグルコースを測定することを試みた。血糖センサーを用いて得た結果は,キャピラリー電気泳動法で分析したグルコースのデータと高い正の相関を示した。試料の前処理は簡単で,結果を得るのに10分程度しか要しないので,血糖センサーを用いたこの方法は,キュウリ果実中のグルコースの迅速定量に非常に有効である。
索引語糖含量;変動;血糖センサー;品質評価;利用
引用文献数11
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat