サケ科魚類未受精卵のヨード剤消毒による冷水病菌の垂直感染の防除

サケ科魚類未受精卵のヨード剤消毒による冷水病菌の垂直感染の防除

レコードナンバー810476論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名熊谷 明
縄田 暁
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ45巻・ 4号, p.164-168(2010-12)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (347KB) 
抄録10 9CFU/mL以上の冷水病菌に暴露したサケ科4魚種の未受精卵を用いて、本菌の垂直感染に対するヨード剤消毒の防除効果を検討した。その結果、媒精前に卵表面の冷水病菌をPBSで調整したヨード剤で消毒(50ppm、15分)する方法により、発眼率を低下させることなく卵内感染および稚魚での冷水病の発生を防除することが可能であった。媒精前のPBSによる洗卵やヨード剤吸水のみでは防除できなかった。冷水病菌の垂直感染を防除するには未受精卵消毒が有効と判断された。
索引語サケ科魚類未受精卵;ヨード剤消毒;冷水病菌;垂直感染;防除
引用文献数10
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat