WSSV rVP26およびrVP28の大腸菌における発現条件とクルマエビにおける経口ワクチン最小有効投与量

WSSV rVP26およびrVP28の大腸菌における発現条件とクルマエビにおける経口ワクチン最小有効投与量

レコードナンバー810477論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名佐藤 純
金 享埈
松井 崇憲
西澤 豊彦
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ45巻・ 4号, p.169-174(2010-12)ISSN0388788X
全文表示PDFファイル (401KB) 
抄録組換え大腸菌におけるrVPsの発現条件について検討した結果、rVP26およびrVP28は、何れも0.01mMのIPTGを添加して37℃で4時間培養した場合に発現量が最大となった。なお、0.01mM IPTG添加区でのrVPs収量は、1mM添加区の6倍以上であった。rVP26およびrVP28を10μg/g shrimp/dayで15日間連続経口投与した区のRPSは各々73%および59%であったが、投与量の減少に伴いRPSの低下が認められた。従って、クルマエビのWSDの予防には10μg/g shrimp/day以上のrVPsを投与する必要があると考えられた。
索引語大腸菌;発現条件;クルマエビ;経口ワクチン最小有効投与量
引用文献数29
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat