1973年から2001年までの地目改変に伴う土壌群分布面積の変動特性の解析

1973年から2001年までの地目改変に伴う土壌群分布面積の変動特性の解析

レコードナンバー810520論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名高田 裕介
小原 洋
中井 信
神山 和則
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ82巻・ 1号, p.15-24(2011-02)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (6794KB) 
抄録本研究では,1973年から2001年までの地目改変に伴う土壌群分布面積の全国的変動特性を明らかにすることを目的とした。まず,地力保全基本調査成績書に掲載されている市町村別の地目ごとの土壌統分布面積をデータベース化しておき,1973年度耕地及び作付統計で報告されている農耕地面積を基準とした比例配分により1973年度の市町村ごとの土壌統分布面積を再算出した。また,1992年版デジタル農耕地土壌図および2001年版基盤整備基本調査図を用いて2001年版のデジタル農耕地土壌図を作成した。これらの結果を田および畑に分けて地域別・土壌群別にとりまとめた。30年間で最も面積減少が大きかったのは灰色低地土であり,次いでグライ土および黒ボク土の順であった。これら土壌群ごとの減少面積はその土壌の分布面積に影響される傾向であった。各地方において地目別・傾斜区分別に土壌群の変動特性を検討した結果,面積減少が大きかったのは各地方の低地(平坦地形面)の田に特徴的な灰色低地土およびグライ土であった。また,畑に特徴的な褐色低地土で畑面積の減少と比べて相対的に面積減少が大きい傾向であった。また,関東・東山地方の平坦地の畑に分布する黒ボク土および近畿,中国・四国地方の傾斜地に分布する褐色森林士で面積の減少が著しいことが明らかとなった。
索引語地目改変;土壌群分布面積;変動特性;解析
引用文献数23
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat