若年女性の肌状態と栄養素等摂取、代謝、自律神経活動の関連

若年女性の肌状態と栄養素等摂取、代謝、自律神経活動の関連

レコードナンバー810528論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名永井 成美
菱川 美由紀
三谷 信
中西 類子
脇坂 しおり
山本 百希奈
池田 雅子
小橋 理代
坂根 直樹
森谷 敏夫
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ63巻・ 6号, p.263-270(2010-12)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (738KB) 
抄録本研究の目的は、若年女性の肌状態に栄養、生理学的要因が関与するかどうかを検討することである。横断的研究として、肌状態、生理学的検査、2日間の食事調査、精神状態、ライフスタイルに関するデータを皮膚疾患のない54名(20-22歳)の女子学生より得た。肌状態と生理学的検査項目(体温、エネルギー消費量、自律神経活動)は非侵襲的手法により測定した。統計解析の結果、角層細胞面積とエネルギー代謝、角層水分量とビタミンA・B1摂取量、交感神経活動指標に関連が認められた。バリア機能の指標である経皮水分蒸散量と炭水化物、ビタミンB1、野菜摂取量にも関連が認められた。また、肌状態はメンタルな面や自宅での冷暖房使用とも関連していた。以上の結果から、若年女性の肌状態には栄養的な因子とともに活発な代謝と自律神経活動が関与することが示唆された。
索引語若年女性;肌状態;栄養素;摂取;代謝;自律神経活動;関連
引用文献数27
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat