ボイセンベリー長期摂取がラットの脂質蓄積に及ぼす影響

ボイセンベリー長期摂取がラットの脂質蓄積に及ぼす影響

レコードナンバー810534論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名野口 茜
森山 明穂
峰尾 茂
藤澤 洋子
杉山 まりか
坂口 英
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ64巻・ 1号, p.27-33(2011-02)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (629KB) 
抄録近年、肥満予防に対するポリフェノールの有用性がよく論じられている。ボイセンベリーにはアントシアニンやエラグ酸などのポリフェノールが多く含まれているが、抗肥満作用に関する報告はない。そこで、5%ボイセンベリー果汁(BJ)を添加した普通食並びに高脂肪食をWistar系雄性ラット(6週齢)に12週間摂取させ、BJが肥満を予防する作用をもつか試験した。その結果、BJ添加は、体重増加量、体脂肪蓄積、肝臓脂質中の中性脂肪量および総コレステロール量を、有意に低下させた。また、各飼料摂取後の血漿中中性脂肪濃度を測定した結果、BJ添加が食後3時間での血漿中中性脂肪濃度上昇を、有意に抑制した。以上の結果から、ボイセンベリー果汁の摂取は、高脂肪食摂取による肥満を予防する可能性が示唆され、さらにはメタボリックシンドロームの改善にも有用であると考えられた。
索引語ボイセンベリー長期摂取;ラット;脂質蓄積;影響
引用文献数39
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat