ローヤルゼリータンパク質アピシンのヒト由来皮膚線維芽細胞株およびマウス由来骨芽細胞様細胞株に及ぼす作用

ローヤルゼリータンパク質アピシンのヒト由来皮膚線維芽細胞株およびマウス由来骨芽細胞様細胞株に及ぼす作用

レコードナンバー810626論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名鶴間 佳美
丸山 広恵
荒木 陽子
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ58巻・ 3号, p.121-126(2011-03)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (4231KB) 
抄録本研究は、ローヤルゼリー中の主要タンパク質であるアピシンを対象としてヒト由来皮膚線維芽細胞株に対する増殖促進作用およびコラーゲン産生促進作用を定量的に検討した。さらにマウス由来骨芽細胞様細胞株に対する分化促進作用を定性的もしくは定量的に検討し、以下の知見を得た。(1)アピシンはヒト由来皮膚線維芽細胞株NB1RGBの増殖を促進し、さらにコラーゲン産生量を促進する傾向を示した。(2)アピシンはマウス由来骨芽細胞様細胞株MC3T3-E1に対して、分化誘導剤と併用して添加することにより、分化の指標であるカルシウム沈着ならびにヒドロキシアパタイトの産生を促進した。
索引語ローヤルゼリータンパク質アピシン;ヒト由来皮膚線維芽細胞株;マウス由来骨芽細胞様細胞株;作用
引用文献数14
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat