常温貯蔵を目的とした水ストレスおよびLED照射によるトマト苗の生長制御

常温貯蔵を目的とした水ストレスおよびLED照射によるトマト苗の生長制御

レコードナンバー810693論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名宮本 眞吾
源川 拓磨
内野 敏剛
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ128号, p.1-7(2011-03)ISSN03888517
全文表示PDFファイル (767KB) 
抄録水ストレスをかけながら、光量および光質を調節することで、常温下でのトマト苗の中長期保存が可能かどうか検討した。その結果、次のことが分かった。水ストレスだけを強く与えた場合、生長は抑制されるが、花芽の発育に悪影響を与え、定植後に第1花房の欠落が多く見受けられた。光量をPPFD20~60μmolm-2s-1の範囲で変化させた場合、およそ20μmolm-2s-1のときに苗丈の伸長と茎径の肥大が最も抑制され、それ以上のPPFDでは抑制効果は劣った。次に、光景をPPFD20μmolm-2s-1一定とし、与える光質をLEDの光色の配合が赤:青=2:1、1:1、1:2の3通りに変えて、植物がしおれない程度に徐々に給液量を減らし、その影響を調べた。この結果、LEDの配合が赤:青=1:2であるときに生長が最も抑制され、その効果は強い水ストレスだけをかけた場合より葉の増加や苗丈の生長量などを抑制した。以上から、LEDの赤:青=1:2の配合比は生長抑制に有効であり、徐々に水ストレスを加えていく処理と組み合わせることにより、トマト苗を常温下で3~4週間貯蔵が可能であることを明らかにした。
索引語常温貯蔵;水ストレス;LED照射;トマト苗;生長制御
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat