クロマグロの生残および成長におよぼす微粒子配合飼料ならびにハマフエフキ孵化仔魚の日齢の影響

クロマグロの生残および成長におよぼす微粒子配合飼料ならびにハマフエフキ孵化仔魚の日齢の影響

レコードナンバー810730論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名芳賀 穣
内木 敏人
田崎 陽平
武部 孝行
久門 一紀
田中 庸介
塩澤 聡
中村 年宏
石田 修三
井手 健太郎#升間, 主計#竹内, 俊郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ58巻・ 4号, p.491-499(2010-12)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (710KB) 
抄録全長14.8mmのクロマグロ仔魚(孵化後18日齢)にハマフエフキ浮上卵、日齢1または3の孵化仔魚、およびカゼインを主なペプチド源とする微粒子配合飼料を給餌して6日間飼育した。また、対照として絶食区を設けた。その結果、浮上卵および絶食区では3日目までにすべての魚が斃死した。一方、日齢3のハマフエフキ孵化仔魚を給餌して飼育した区では、成長が改善された。日齢3のハマフエフキ孵化仔魚の粗タンパク質含量および必須アミノ酸含量は、日齢1のものよりも多かった。以上から、日齢3のハマフエフキ孵化仔魚がクロマグロ仔魚の餌として適していることが示唆された。また、微粒子配合飼料は、約4割の個体で摂餌が確認され、カゼインペプチドを配合した微粒子飼料を摂餌することが示唆された。
索引語クロマグロ;微粒子配合飼料;ハマフエフキ孵化仔魚;日齢;生残;成長;影響;微粒子;配合;飼料
引用文献数19
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat