飼育したイセエビ幼生に対するムラサキイガイ生殖巣の栄養価値

飼育したイセエビ幼生に対するムラサキイガイ生殖巣の栄養価値

レコードナンバー810739論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名村上 恵祐
田村 大輔
淡路 雅彦
竹内 俊郎
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ59巻・ 1号, p.9-18(2011-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (836KB) 
抄録イセエビフィロソーマ幼生に対するムラサキイガイ生殖巣の栄養価値を検証するため、成熟度の異なる、あるいは雌雄別の生殖巣を中期および後期フィロソーマに給餌する飼育試験を実施し成長比較を行った。その結果、未熟な生殖巣や成熟した精巣よりも成熟した卵巣の方が成長が優れ、脱皮間隔も短縮される傾向がみられた。給餌したムラサキイガイの栄養分析結果から、中性脂質やn-3高度不飽和脂肪酸の含量が豊富なことが、餌料価値を高めた要因であることが明らかになった。
索引語イセエビ幼生;ムラサキイガイ生殖巣;栄養価値;飼育;イセエビ;幼生;ムラ;サキ;イガイ;生殖
引用文献数43
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat