閉鎖性の高い中海で垂下養殖されたサルボウガイの成長と生残

閉鎖性の高い中海で垂下養殖されたサルボウガイの成長と生残

レコードナンバー810747論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名鈴木 秀幸
山口 啓子
瀬戸 浩二
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ59巻・ 1号, p.89-99(2011-03)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (810KB) 
抄録中海の環境条件が異なる3地点で、表層と底層に垂下したネットにサルボウガイを入れ、2008年5月から2009年5月まで飼育し、成長、生残、肥満度を比較した。また、これと同時に中海に生息する天然個体との比較も行った。その結果、夏季は表層で成長が大きく、冬季は底層で成長が大きかった。夏季の成層期では、DOがサルボウガイの成長・生残を制限する一因であり、冬季の循環期では、水温が成長を制限する一因であった。表層で垂下飼育したサルボウガイは天然個体に比べ成長が速く、肥満度も明らかに高かった。閉鎖性の高い中海では、サルボウガイは潜砂しなくても成長し、夏季は表層に垂下し、冬季は底層に垂下することで、年間を通して高い成長率が見込めることがわかった。
索引語サルボウガイ;閉鎖性;中海;垂下養殖;成長;生残
引用文献数54
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat