大断面スギ心材の乾燥と薬剤注入(1)

大断面スギ心材の乾燥と薬剤注入(1)

レコードナンバー810784論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012092NACSIS書誌IDAN00240373
論文副題注入時の含水率とインサイジングが薬剤浸潤に及ぼす影響
著者名酒井 温子
寺西 康浩
海本 一
増田 勝則
田中 陽子
伊藤 貴文
桃原 郁夫
矢田 茂樹
藤本 登留
蒔田 章#茂山, 知己#山口, 秋生#手塚, 大介
書誌名木材保存
発行元日本木材保存協会
巻号,ページ37巻・ 1号, p.12-19(2011-01)ISSN02879255
全文表示PDFファイル (633KB) 
抄録大断面無垢スギ製材を対象に、一定の品質を確保し長期優良住宅等にも対応できる加圧注入処理技術を開発することを目的に、注入時の含水率とインサイジングが、スギ心材の薬剤注入量や浸潤度に及ぼす影響について検討した。その結果、注入時の含水率が低いほど、薬剤注入量や浸潤度は高くなる傾向が見られたが、含水率が約20%であっても、インサイジングを施していないスギ心材に加圧注入法により薬剤を注入した場合、製材のJASに定める薬剤浸潤度の基準(80%)に合格するのは、1/2~2/3であった。しかし、注入前にインサイジングを行い、含水率を約50%以下まで低下させてから薬剤の加圧注入を行うと、すべての試験体が90%以上の高い浸潤度を示し、JASの浸潤度の基準に合格した。
索引語インサイジング;大断面スギ心材;乾燥;薬剤注入;含水率;薬剤浸潤;影響
引用文献数8
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat