市販の増粘剤から調製した溶液とヨーグルトの流動特性および咽頭部流速(嚥下障害者用介護食に関連して)

市販の増粘剤から調製した溶液とヨーグルトの流動特性および咽頭部流速(嚥下障害者用介護食に関連して)

レコードナンバー810811論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20014033NACSIS書誌IDAA12076107
著者名田代 晃子
小野 景子
長谷川 温子
熊谷 日登美
熊谷 仁
書誌名日本食品工学会誌 = Japan journal of food engineering
別誌名日本食品工学会誌
JSFE
発行元日本食品工学会
巻号,ページ11巻・ 4号, p.177-187(2010-12)ISSN13457942
全文表示PDFファイル (6510KB) 
抄録嚥下障害者(dysphagic patients)用介護食としての安全性を評価するために,市販の増粘剤から調製した溶液の粘度μおよび咽頭部(pharynx)での流速を,ヨーグルトのモデル食塊(bolus)である“(カードを)破壊したヨーグルト”(以下,“破壊ヨーグル卜”)と比較した。流速スペクトルの形状と流速とから,“破壊ヨーグルト”の流動特性はヨーグルトの食塊に近いと考えられた。“ヨーグルト状”の増粘剤溶液の粘度μの値は,ずり速度(γ)が10s-1付近において,“破壊ヨーグルト”の見かけの粘度μappの値より小さかった。また,介護食の安全性の指標である最大流速Vmaxの値に関しては,“ヨーグルト状”や“ジャム状”の増粘剤溶液の方が“破壊ヨーグルト”の値より大きかった。これらのことは,“ヨーグルト状”の増粘剤溶液は,ヨーグル卜の食塊と同じ流動特性をもたず,ヨーグルト程度に誤嚥しにくいとはいえないことを示している。
索引語市販;増粘剤;調製;溶液;ヨーグルト;流動特性;咽頭部流速;嚥下障害者用介護食;関連
引用文献数20
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat