ミャンマー産ダイジョ(Dioscorea alata L.) における塊茎の成分特性の品種間差異

ミャンマー産ダイジョ(Dioscorea alata L.) における塊茎の成分特性の品種間差異

レコードナンバー810909論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20034893NACSIS書誌IDAA12327127
著者名Lee P.H.
志和地 弘信
入江 憲治
Ye Tint Tun
石田 裕
豊原 秀和
書誌名熱帯農業研究
別誌名Research for tropical agriculture
発行元日本熱帯農業学会
巻号,ページ3巻・ 2号, p.62-69(2010-12)ISSN18828434
全文表示PDFファイル (5584KB) 
抄録本研究は,ミャンマーから導入したヤマノイモ属ダイジョ(Dioscorea alata L.)品種の塊茎に含まれる一般成分,ポリフェノール類とその抗酸化能,アラントイン,アラントイン酸,アデノシンおよび遊離糖類含有量の品種間差異を明らかにすることを目的とした。ミャンマーのダイジョ品種の塊茎成分は,全ての成分で品種間差異が大きかった。特に,これまでに報告されている同じヤマノイモ属のナガイモ(Dioscorea opposita)やジネンジョ(Dioscorea japonica)などに比べて,ミャンマーのダイジョ塊茎成分には炭水化物,脂質,ポリフェノールおよび遊離糖類が多く含まれることが明らかになり,ミャンマーのダイジョ品種が,塊茎成分において,遺伝的多様性が大きいことを示した。一方,アラントインの含有量は,ジネンジョやツクネイモ(D. opposita)より低く,アデノシンは全ての品種に含有が認められた。なお,実験には倍数性レベルの異なる品種を用いたが,塊茎成分量と倍数性レベルとの関係については,ミャンマーの3倍体の品種において脂質が多く含まれる傾向を認めたものの,その他の測定物質の含有量と倍数性との関係は明確ではなかった。
索引語ミャンマー産ダイジョ;Dioscorea alata;塊茎;成分特性;品種間差異
引用文献数48
登録日2012年12月06日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat