インスリン誘導性内臓脂肪蓄積肥満モデル動物の作成

インスリン誘導性内臓脂肪蓄積肥満モデル動物の作成

レコードナンバー810924論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名伊藤 俊輔
神福 壽子
多田 恵理子
横山 芽衣子
小林 ゆき子
桑波田 雅士
木戸 康博
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ64巻・ 2号, p.91-98(2011-04)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (5855KB) 
抄録インスリンは脂肪蓄積作用を有することが知られている。インスリンをラットに投与した研究は数多く行われてきたが、インスリン投与による内臓脂肪型肥満誘発の報告はない。本研究の目的は、長期インスリン投与による新たな内臓脂肪型肥満モデル動物を作成することである。雌性ラット(6週齢)に8(8I群)、16(16I群)、32(32I群)IU/kg BW/日のインスリンを12週間皮下投与した。対照群には生理食塩水を投与した(0I群)。実験終了時の32I群の生存率(29%)は0I群、8I群および16I群に比べ有意に低下した。体重および摂食量はインスリン投与量に依存して増加した。8I群の体タンパク質比率は0I群および16I群に比べ有意に増加した。16I群の総内臓脂肪重量と体脂肪比率は0I群および8I群に比べ有意に増加した。以上の結果から、16IU/kg BW/日のインスリンを12週間皮下投与することで内臓脂肪型肥満モデル動物が作成できると結論づけた。
索引語インスリン誘導性内臓脂肪蓄積肥満モデル動物;作成
引用文献数23
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat