フェヌグリークは正常ラットの脂肪蓄積抑制に関与する

フェヌグリークは正常ラットの脂肪蓄積抑制に関与する

レコードナンバー810925論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014795NACSIS書誌IDAN00311992
著者名村木 悦子
松岡 知里
及川 璃奈
佐藤 しのぶ
千葉 大成
角田 伸代
加園 恵三
書誌名日本栄養・食糧学会誌
別誌名日本栄養・食糧学会誌
発行元日本栄養・食糧学会
巻号,ページ64巻・ 2号, p.99-106(2011-04)ISSN02873516
全文表示PDFファイル (5792KB) 
抄録香辛料の一種であるフェヌグリーク(Trigonella foenum-graecum L.) の生活習慣病予防効果を検討した。標準食(STD)および高脂肪・高ショ糖食(HFS)の2種類の実験食を作成し、それぞれの実験食にフェヌグリーク添加群を加えて計4群とし、正常なSD系ラットに摂食させた。HFSではフェヌグリーク添加によって、体重増加量、エネルギー効率比および精巣周囲白色脂肪組織重量は減少した。また、肝臓中の総コレステロール量も減少し、糞中への総胆汁酸排泄量が増加した。しかしながら、耐糖能に関してはフェヌグリーク添加による大きな影響はみられなかった。以上のことから、フェヌグリークは食餌中脂質の糞中への排泄を促進することによって、肝臓および白色脂肪組織への脂肪蓄積を抑制し、その結果として体重増加を抑制することが推察された。
索引語フェヌグリーク;正常ラット;脂肪蓄積抑制;関与
引用文献数40
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat