Aphelenchus avenae(アフェレンクス科)とFilenchus misellus(ティレンクス科)にRhizoctonia solani菌7系統を餌として与えた場合の増殖性

Aphelenchus avenae(アフェレンクス科)とFilenchus misellus(ティレンクス科)にRhizoctonia solani菌7系統を餌として与えた場合の増殖性

レコードナンバー810989論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20037135NACSIS書誌IDAA12415279
著者名岡田 浩明
原田 啓基
野崎 真奈
書誌名Nematological research
別誌名日本線虫学会誌
発行元日本線虫学会
巻号,ページ40巻・ 2号, p.53-55(2010-12)ISSN
全文表示PDFファイル (355KB) 
抄録アフェレンクス科のAphelenchus avenae(Aa)とティレンクス科のFilenchus misellus(Fm)について、土壌伝染性植物病原性糸状菌Rhizoctonia solani(Rs)の7つの系統を摂食させた場合の増殖性を調べた。いずれか1つのRs系統の菌叢が生育したジャガイモ寒天培地にAaとFmのいずれか1種を30匹接種し、25℃で40日間増殖させた後、ベールマン漏斗で線虫を分離し、個体数を調べた。負の二項分布を仮定した統計モデルにより検討したところ、線虫種、Rs系統及び両者の交互作用のいずれもが線虫個体数に影響したと考えられた。全般にAaでは個体数がFmより著しく多く、供試したRs系統のうち、特にダイズとキャベツから採取された系統で良く増殖した。一方Fmは、ほとんど増殖しなかったRs系統があったが、イネ、ダイズ、キャベツに由来する系統ではある程度の増殖が認められた。
索引語Aphelenchus avenae;アフェレンクス科;ティレンクス科;餌;増殖性
引用文献数15
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat