ヒトにおけるブタ由来エラスチンペプチド摂取による皮膚弾力性向上作用

ヒトにおけるブタ由来エラスチンペプチド摂取による皮膚弾力性向上作用

レコードナンバー810996論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名佐藤 三佳子
岩井 浩二
鬼塚 英一郎
高畑 能久
森松 文毅
佐藤 雄二
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ58巻・ 4号, p.159-163(2011-04)ISSN1341027X
全文表示PDFファイル (290KB) 
抄録ブタ大動脈を原料としてエラスチン加水分解ペプチド(エラスチンペプチド)を調製し、その摂取がヒトの皮膚弾力性にもたらす影響について検討した。はじめに、エラスチンペプチド経口摂取後のヒト血液中のアミノ酸濃度の変化を観察した。成人男性5名を被験者として、12時間絶食後にエラスチンペプチドを摂取させた。その結果、エラスチンペプチド経口摂取後に血中の総アミノ酸量が増加し、増加したアミノ酸の組成は、摂取したエラスチンペプチドのアミノ酸組成に類似していた。また、ハイドロキシプロリンおよびアルギニンがそれぞれペプチド態として血中に検出され、エラスチンペプチドの少なくとも一部はペプチド態として血中に移行していると考えられた。次に、39名の中高齢者を3群にわけ1日量0、100、200mgのエラスチンペプチドを8週間継続摂取させ皮膚弾力性を測定した。100mg、200mg摂取群において摂取開始8週目に摂取前と比較して有意に皮膚弾力性が上昇した。またその変化率は0mgと比較して200mg群で有意に高値を示した。以上より、エラスチンペプチドの経口摂取はヒトの皮膚弾力性を向上させることが示唆された。
索引語ヒト;ブタ由来エラスチンペプチド摂取;皮膚弾力性向上作用
引用文献数18
登録日2012年12月03日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat